オーバードーズをしてしまう主な理由

躁うつ病と診断されていて、2度オーバードーズを行った事がある。オーバードーズというのは、病院で処方された薬を一度に大量に飲む事であるが、精神的な疾患を持つ患者の場合、これをしてしまうと危険だという事を以前教わったので、決して行ってはならないと記憶している。

オーバードーズをしてしまってからは、倒れ込んでしまい、病院で勿論治療をすぐに受けたが、その治療自体もものすごく辛かった記憶があるので、本来はするべきではない事だという事を認識したのである。

しかし、このオーバードーズをしてしまうのには、原因があるのではないかと私は時に思うのである。私がこの行為を行った時、どのような心境であったかというと、家族と暮らしていながらも、どうしても心に余裕が無く、苦しくなってしまった時だと思っている。

不眠が続いて辛い時等もそうで、眠りたい時に眠れず、起きたい時に起きる事すらできず、生きている意味を感じなくなってしまった時に、ふと薬が目に入ると、なんとなく全部飲んでしまえば治るのではという根拠のない衝動に陥るのである。

自力で止められたので良いが、実際には止められないとかなりひどい症状を引き起こす物だそうで、恐ろしいと感じる。

お葬式の準備がまだの方はこちら

お坊さん派遣
親友またはご家族の方がオーバードーズの為にお亡くなりになった時に、葬儀の手配や坊さんの派遣などすべてお任せできる業者ですよ。